STUDIO D'ARTE CORVO

STUDIO D'ARTE CORVO は小田隆の公式ウェブサイトです。
update 2017.03.23

女性ヌードクロッキー 10分 B3サイズ 紙に鉛筆。

今日は成安造形大学のオープンキャンパスで、高校生向けにヌードモデルクロッキーの授業を行った。高校生向けとはいえ、内容は普段の授業でやっていることを、ぎゅっと圧縮したような内容である。初心者も多いということで、全て10分ポーズとし同じペースでゆったり描いてもらえるよう、ポーズのスケジュールを設定した。

aa15060705.jpg

なんども来てもらっているが、非常に骨格と筋肉のラインが分かりやすいモデルである。ポーズも安定していて描きやすい。

aa15060706.jpg

鎖骨、肋骨、腸骨のラインを意識しながら。

aa15060707.jpg

腕と肩の動きについてのレクチャーをした直後に、両腕を上げたポーズをとってくれた。肩甲骨の動きと、それに伴う筋肉のレリーフの変化がよく分かる。

aa15060701.jpg


ここからは助手のリクエストで、モデルを見ながら解剖学的特徴を描いてみた。主に骨格を中心に。全ての骨格の形態を記憶しているわけではないので、かたわらの全身骨格模型を時々確認しながら制作している。

aa15060702.jpg

ほぼ正面から。肋骨のライン、腸骨の位置がポイントになる。これらの位置関係を明確にできると、体幹の姿勢を的確に捉えることができる。


aa15060703.jpg

動きのあるポーズ。もう少し下肢の筋肉の変化を表現できればよかった。

aa15060708.jpg

最後のポーズ。ボールペンでゆっくり描いていたら、途中で終わってしまった。人体の内部構造を描いたクロッキーでは、僕が普段どういった意識で観察し描いているかということを表現してみた。
B3のクロッキーブックに鉛筆(ステッドラーの3B)。すべて10分。

aa15052714.jpg

aa15052715.jpg

aa15052716.jpg

aa15052717.jpg


aa15052718.jpg

aa15052719.jpg

aa15052720.jpg

aa15052721.jpg

aa15052722.jpg


aa15052723.jpg


aa15052724.jpg

クロッキーとドローイングを明確に分ける定義を僕は持っているわけではないが、ドローイングはある種の完成度を伴った表現であると考えている。線で素早く描くという意味であれば、フランス語と英語の違いでしかないが、あえて分けておきたいと思う。
今回の手法は以前、イラストレーターの井筒啓之さんが主宰する青山塾で、体験授業を受けた時に教えてもらったものである。
1 画面の上から下に描いていく。
2 顔をしっかりと描く。
3 できるだけゆっくりとした線で、形を見る速度と合わせて、美しく長く引く。
4 線を間違えたと思ったときは消して描きなおす。
5 時間は10分。
これらの条件で学生にもやってもらったのだけど、なかなか難しかったようだ。しかし、いつまでも完成しない、素振りのようなクロッキーを繰り返しても、目的が曖昧になってしまう。どんなときでも、その条件の中で達成出来る最高の完成度を目指してほしい。ただ、漫然とモデルを描いていてもダメだろう。枚数を重ねるだけでは意味がないのである。

aa15052702.jpg

aa15052703.jpg


aa15052704.jpg


aa15052705.jpg

aa15052706.jpg

aa15052707.jpg

aa15052708.jpg


aa15052709.jpg

これは5分だけ描いたもの。上から描いて途中で終わっている。

aa15052710.jpg

aa15052711.jpg

aa15052712.jpg


Hiroさんの胸部の写真を見ながら、骨格と筋肉のスタディスケッチをしてみた。単一のタッチで骨格と筋肉の描き分けはしていないが、まず鎖骨、胸骨の位置を見定めて、それぞれの筋肉を描いていった。描いた筋肉は三角筋、大胸筋(鎖骨部、胸骨部、腹部を描き分け)、上腕二頭筋、上腕三頭筋、大円筋、広背筋、前鋸筋、胸鎖乳突筋、僧帽筋など。それぞれの筋肉の起始、停止を想定しながら、関節の位置に注意しながら描いていく事が重要である。

aa15050901.jpg

こちらが参考にした写真。トレースしてやってみるのも、ひとつの方法である。

制作年:2015年/サイズ:650 x 500 mm/ボール紙に水性ボールペン

5月2日に開催した美術解剖学講座で最後に描いた、20分の男女ダブルポーズクロッキー。クロッキー帳のページが無くなって、裏表紙になっている台紙のボール紙に描いた。
先日の授業内に解説を加えながらデモンストレーションで描いたもの。15分。どの線を拾うのか、身体に表れるレリーフのそれぞれが何なのか、今何を描いているのかを、リアルタイムに解説しながらの15分だった。美術解剖学を学んだからといって人体が描けるようになるわけではないが、構造を知ることでより明確に観察できることにつながる。曖昧なままなんとなく描くのではなく、自分の中で確信を持って線を引く、陰をつける、そんなことができるようになってほしいと思っている。そういった描き方が全てではないことは分かった上で、僕の授業では美術解剖学をベースに描くということを学生に求めている。どちらかといえば静止したポーズを描くためというより、動きのある人体を描くための部分が大きいかもれない。
およそ180分ほど。日大芸術学部テクニカルイラストレーションの授業で、学生と一緒に描いたもの。授業中には終わらなかったので、宿題として仕上げて来た。ステッドラーのピグメントライナー0.1mmとイラストレーションボードはBBケントの細目。骨格図を元に描いているが、自分の手ではないのでどうしてもずれが出てします。学生にはそのあたりも難しかったようだ。ただ、基本的な関節の位置を間違えてはいけない。
紙に水性ボールペン。10分。
モデルを見ながら解剖学的な特徴を強調するように描写。この1枚では骨格を。

aa15042102.jpg

aa15042103.jpg

この2枚では筋肉を。10分で描ききることはできないが、ひとつひとつの解剖学的特徴を見つけながら描いている。

0分ポーズ。木炭紙サイズ。紙に水性ボールペン。
20分ポーズ。木炭紙サイズ。紙に水性ボールペン。右側の解剖図は休憩時間中に描いたもの。
 1  |  2  |  3  次のページへ>>

カテゴリー

制作年