STUDIO D'ARTE CORVO

STUDIO D'ARTE CORVO は小田隆の公式ウェブサイトです。
update 2019.11.23

最近、大学の教材用に作った、手の筋肉図のスライドのpdfをアップします。
必要な方はダウンロードしてください。まだ改良の余地はあるので、今後、アップデートの可能性が高いです。
手の筋肉図スライド.pdf

大学の講義で使うための、『人体筋肉図正面』のスライドをようやく新しく作ることができた。背面と側面はまだ作業が残っている。
以前のものは長らく更新できずに使っていたため、納得できない部分も多かった。どこまで突き詰めても完璧と言えるものにはならないが、少しずつ更新しながら使いやすいもの、わかりやすいものへと改良していきたい。
PDFデータをアップロードしたので、学生や必要な方はダウンロードしてもらえればと思う。サイズは16MBほど。
正面筋肉図スライドS.pdf

これからも改良を加えていきたいので、気づいたことなどあったら、問い合わせフォームからお知らせいただければと思います。
Hiroさんの胸部の写真を見ながら、骨格と筋肉のスタディスケッチをしてみた。単一のタッチで骨格と筋肉の描き分けはしていないが、まず鎖骨、胸骨の位置を見定めて、それぞれの筋肉を描いていった。描いた筋肉は三角筋、大胸筋(鎖骨部、胸骨部、腹部を描き分け)、上腕二頭筋、上腕三頭筋、大円筋、広背筋、前鋸筋、胸鎖乳突筋、僧帽筋など。それぞれの筋肉の起始、停止を想定しながら、関節の位置に注意しながら描いていく事が重要である。

aa15050901.jpg

こちらが参考にした写真。トレースしてやってみるのも、ひとつの方法である。

制作年:2012年/サイズ: /紙にペン、Photoshop
material : pen on paper, Photoshop

大学の授業用に描いた骨格図。約7頭身。
制作年:2012年/サイズ: /紙にペン、Photoshop
material : pen on paper, Photoshop

大学の授業用に描いた骨格図。約7頭身。
制作年:2009年/サイズ: /紙にペン/作家蔵
material : pen on paper

レオナルド・ダ・ヴィンチの『ウィトルウィウス的人体図』をベースに、ヒトの骨格図を描いたもの。

カテゴリー

制作年