STUDIO D'ARTE CORVO

STUDIO D'ARTE CORVO は小田隆の公式ウェブサイトです。
update 2017.09.20

Tambatitanis amicitiae の復元プロセス3(全身骨格図側面編)

頭骨に続き、全身の骨格図の制作へと進めていく。前肢、後肢の骨格は全く見つかっていないため、それぞれのプロポーションがどの程度あったかは推測するしかなく、脊椎全体がどれぐらいの傾きであったかは、この時点で判断することはできない。頚椎もなく、胴椎もわずかなどこの場所か特定できない部位しかない(現在、頚椎の一部が発見されている)が、仙椎、尾椎、骨盤の保存状態は良く、ほぼ完全と言っても良い状態である。特に尾椎は関節しており、その形態は特徴的で血道弓も非常に長い。
頚椎から復元をしていく。手がかりがほとんどない状態での復元は困難を極めるが、監修者の考えが色濃く反映されることになる。見つかっている部位から推測される系統関係を探り出し、最も近い関係にある既存の標本を参考にラフスケッチを描いていく。

pr16122103.jpg

最も初期のラフ。頚椎の数を13個と想定している。頭骨の復元と同時に進めていた部分があり、環椎の形態が修正前のままである。

pr16122101.jpg

胴椎のラフ。Brachiosaurusを参考にしたものだが、すぐに違う種を参考にすることになった。

pr16122102.jpg

このラフの元になったのは、Phuwiangosaurusの未記載種である。監修者が調査で撮影した写真を元にしている。

pr16122105.jpg

頚椎、胴椎、仙椎、尾椎の一部までのラフをつなげたものである。部位に分けてラフを描き、Photoshopでつなげている。部位別に修正を容易にするためである。
このラフができた時点で、監修者へ画像とともにメールを送る。

pr16122106.jpg

頚椎に関しての修正指示。
「修正点は2つです。
①前関節突起の背側が膨らんでいる。以前お送りしたPhuwiangosaurusの写真とErketuの論文中の写真で前関節突起のふくらみを確認してください。これがブラキオサウルス科を除いた基盤的ティタノサウルス形類に見られる特徴です。
②頚肋骨の伸びと重なり。頚肋骨の細く伸びた部分はそれぞれの2つ後ろの頸椎まで伸びると仮定しました。1つ後ろの頸椎に達した当たりで頚cmくらい、次の頚肋骨と重なるくらいで5mmになると仮定します。あと重要なのは重なり具合です。前から伸びるものは常に後ろのものの腹側に重なります。こうなる理由は頚肋骨の細い部分は骨化した腱で、その先端(後ろ)には首の基部にある筋肉につながる腱が伸びていたからです。」(監修者メール)

pr16122107.jpg

具体的に指示をしてもらえるのは非常に助かる。
「胴椎、仙椎、尾椎の分です。腸骨はもう少し背側にdiapophysisの連なりのラインと並ぶように伸ばしたほうがよいかもしれません。」(監修者メール)

限りある標本から復元するときに最も気をつけなくてはいけないのは、最初に全体のイメージを持たないことである。系統関係から近い種を導き出して参考にするが、まだ未知の生物を復元するわけであるから、一つ一つの証拠を積み重ねることで見えてくる結果を大切にすることが重要である。

参考文献
Daniel T.Ksepka, and Mark A. Norell. 2006. Erketu ellisoni, a Long-Necked Sauropod from Bor Guve (Dornogov Aimag, Mongolia). American Museum Novitiates No. 3508 : 1-16.